太陽光発電とは?

太陽光発電で省エネとエコを!

太陽光発電は、無限のクリーンエネルギーです。

太陽から降り注ぐ光エネルギー(太陽光)を、屋根等に設置している太陽電池(ソーラーパネル)などで電気に変えるシステムのことを指します。

資源の制約を受けず、また環境への負荷がとても少ない点から、新エネルギーシステムとして大変有用です。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電のメリット

発電した電気がそのまま使える!
作り出した電気は、家庭内の電力源としてそのまま使用することができます。もちろん、使い方等に制約は受けません。
余った電気を販売できる!
大量に発電し、家庭で使用しきれなかった電気は、電力会社へ売ることができます。
経済産業省が定める「太陽光発電の余剰電力買取制度」に基づき、太陽光発電システムの設置から10年間、買い取ってもらえます。
CO2の削減に貢献
石油を燃焼させて電気を作る火力発電のように、二酸化炭素などの大気汚染物質を排出することがありません。
また、リアルタイムで電気の使用状況を表示するモニターを確認することで、節電対策も。エコ活動に身近に取り組むことが可能です。
緊急災害時にも電力の使用が可能に
災害などで停電になった際も、太陽光発電で作った電気を使用することができます。万一のケースでも生活への影響を抑えられます。
助成金制度が利用できる
太陽光発電を導入するに辺り、国と地方公共団体のそれぞれから補助金を受けることができます。助成金制度によって、割安に設置することが可能です。
オール電化にするとさらにお得!
家庭内で必要なエネルギーをすべて電気でまかなう「オール電化」を導入すると、ますます電気代が割安に。昼間は太陽光発電で電気をカバーし、電気代が安くなる夜間は電気温水器やエコキュートを利用してお水を沸かすようにするなど、ますます経済的に過ごせます。

このページの先頭へ